「一般社団法人NIPPON終活サポートセンター」

皆様こんにちは。平成26年入会の浦山と申します。ここ最近、子育ての時間を優先させて頂いており、なかなか活動に参加できておらず申し訳ございません。この度、ビジネスPRの機会を頂きましたので、現在取り組んでいる主な事業についてご紹介させて頂きます。お久しぶりの方、今さら!?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、どうぞ温かい目でお読み頂ければ幸いです。

私は平成26年に行政書士事務所を開業し、今日に至るまで、おかげさまで様々なお仕事をさせて頂いておりますが、行政書士の主な業務の一つに、人生を終える時に備えて自身の財産を誰に引き継がせるかを決めておく「遺言書」の作成、というものがあります。

また、他にも葬儀をどうするか、遺品整理をどうするか、といったように、自身の人生を綺麗に終えるため、元気なうちにしておく準備のことを、最近「終活(しゅうかつ)」という言葉で表されるようになってきました。皆様も一度は聞いたことがある言葉ではないかと思います。

さて、この「終活」では一体どのようなことをしておけば良いのか?ということですが、具体的には下記のようなことになります。

・生前のこと(医療・介護への備え、遺言書の作成、生前整理、生活資金の確保 等)

・死後のこと(葬儀・納骨・法要、相続手続き、各種契約・役所手続き、不動産処分、遺品整理 等)

ここに挙げたことだけでも、すごくたくさんやることがある!とお感じになられた方が多いのではないでしょうか。行政書士として、遺言書の作成業務を通じてこの「終活」という現実に向き合った時に、これはとても自分だけではやりきれない、もっと多くの同志を集って「スペシャルなチーム」を作らなければ「終活」に取り組むお客様を本当の意味できちんとサポートすることができない!という思いから、さいたまYEGのOBである田中宏一先輩らと一緒に、「終活」のトータルサポートを提供する「一般社団法人NIPPON終活サポートセンター」を立ち上げ、現在「終活」の場面で様々なお仕事をさせて頂いております。

「一般社団法人NIPPON終活サポートセンター」の主な活動の様子は、公式HPやFacebookにてご覧頂くことができます。

https://www.facebook.com/nippon.shukatsu

また、私個人のFacebookページでも日々の活動報告などを投稿しておりますので、私とつながって頂いている方はぜひそちらもご覧ください!