【デザイン制作】印象は見せ方で変わる!人は見た目が9割!?

「人は見た目が9割」なんて本もありますが、ビジネスにも同じようなことがありますよね。

商品やサービスのプロモーションでもイメージ戦略は大切ですし、個々の広告にもそれは当てはまります。

例えば・・・

Aのようなチラシが新聞折り込みで入っていた時の印象は

街頭で不特定多数の人々に向かって大声で呼び込みしている感じ。

BのようなDMの印象は

個室に通されてプレゼンや商品説明を受けている感じ。でしょうか

AのチラシがDMで届いた場合は・・・

個室に通されて大声で呼び込みされたら、たまりませんよね。

(印象なので色々あるかと思いますが・・・例えばです)

簡単にいうとこんな感じで、デザインにも適材適所があり、広告・パンフレット・webサイトといった媒体の違いだけでなく、TPOによってオシャレも変わるように、情報の見せ方も内容と対象によって変わるという事です。

デザインには美的感性やセンスが必要ではないか、と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、それよりも大切なのはセンスの有無よりも「情報を整理する力」です。

「何を、誰に、どのように伝えるか」これを「情報+デザイン」で最大化するのが私の仕事です。

あの人、何やってるんだろう。。という一部の方達の疑問に少しでもお答えできたでしょうか

YEGは今年度で卒業してしまいますが、興味があればいつでもお声がけください

ワイアードデザイン 岡田淳 でした。