経営相談に強い税理士事務所!栗原 正樹さん

当事務所は特に経営相談に強い税理士事務所です。

◆経営とは?

経営・・「目的を達成するために会社の行動をコントロールする活動」

経営者の皆様は、目的実現のために、業務上の様々な課題に対して情報を収集・判断し経営を行っていることと思います。

◎当事務所が持つ「経営をサポートする強み・ノウハウ」は大きく分けて3つあります。

◆1つ目「経営上の判断をサポートするノウハウ」

世の中には、広告・webに関するアドバイス、資金調達に関するアドバイスなど、経営に必要な様々なアドバイスを提供してくれる専門サービスが多く存在しています。しかし、「提供された情報をどう理解し、どうまとめるか」という「経営者と共に考えるサービス」は、あまり提供されていません。当事務所が重視しているのは、この「経営者と共に考える」というコンサルティングです。

◆2つ目「経営理念を明確化するノウハウ」

経営者の方は、意識していなくも「実現したいこと」を持っていることが多いのですが、それを自覚出来ておらず経営がブレてしまっていることがあります。一般に経営理念やミッションと言われるものですが、これを引き出し可視化することで経営の質が大きく向上します。当事務所は「何を実現したいのか」を引き出し明確にするノウハウを持っています。

◆3つ目「分かりやすい指導のノウハウ」

 単に助言するだけでなく、しっかりと内容を理解してもらうことで、コンサルタントに頼らないで自分で解釈し、判断する力が高まります。

◎「経営者と共に考える」コンサルティングを重視する理由

 情報を提供するタイプの経営支援は、私が提供しなくても質・量ともに世の中にたくさん溢れています。しかし「提供された情報に経営者と共に向き合い、考えるコンサルティング」は、大きい会社では「経営企画室」や「社長室」などの名称で内部化されておりますが、中小企業向けには、あまり販売されていません。なぜ、販売されていないかと言うと、業務提供に必要とされる能力や経験が特殊であり、一般に普及しているものではないからです。

私は税理士であると同時に大学の研究者として、経営・会計・法律を幅広く研究し、その知識を実践してきました。そのため、特定の強い専門というより、オールラウンドな能力、つまり広く浅く何でも理解して対応できる能力を持っています。また、これまで1万人以上の学生から経営者までの指導実績を国内外で持っているため、多くの方が疑問に思うポイントも把握出来ています。このような特殊なキャリアが、「経営者と共に考える」コンサルティングを可能にし、また、私の能力が最も人の役に立つ方法だと考えたことから、このようなコンサルティングを重視しています。

◎経営者の皆様へ

 当事務所は、イメージとしては、町医者のような税理士を目指しています。あらゆる分野に一定の専門性を持ち、なんでも相談出来て、手に負えない場合には専門の病院を紹介してくれる。そんな経営者に寄り添った税理士でありたいと思っています。当事務所は、正直なところ税理士事務所としては平凡な事務所です。ただ、過去の教え子が税理士に多くおりますので、当事務所で手に負えない案件は、その分野の専門性の高い税理士に紹介して対応しております。税理士としての顧問契約以外にも、社外取締役や経営顧問としてサポートすることも可能ですので、ご興味があればお気軽にご相談ください。

 また、専門分野のコンサルタントの方も、色々連携できることもあると思いますので、お気軽にご相談ください。